瀬能和彦の「あーぎゅめんと」 第1回

「ディベートの議論と現実の議論」

先日、連盟の二杉理事長より、「何か、ディベーターや指導者が読んでもおもしろいコラムを書かないか。そんなに堅いもので無くても良いから」と勧められ、軽い気持ちで承諾したのがこのコラムです。もともと堅いものを書くのは苦手なので、つれづれなるままに愛機リブレットに向かいて、心にうつりゆくアーギュメントを、そこはかとなく書いていくつもりです。どうかお付き合いのほどを。
さて、そう云う訳で始まったこのコラムですが、なにかコラム名を決めなくてはなりません。兼行よろしく「ディベート徒然草」はどうか。それともアラビアンナイトを気取って「ディベート千夜一夜」はどうかといろいろ考えたのですが、結局、無難なところで「あーぎゅめんと」と名づけることにいたしました。カタカナの「アーギュメント」でも良いのですが、ちょっと堅い感じがします。そこで、柔らかさを大切にして、ひらがなの「あーぎゅめんと」といたしました。
連載第1回目は、「ディベートの議論と現実の議論」ということについて考えて見たいと思います。
ディベート甲子園などで中高生の試合ジャッジしていると、試合を見学した一般の方々からの次のようなコメントを耳にすることがあります。
「やっぱりディベートはゲームなんだよな。現実の議論とはかなり違うよね。」
「この論題での中心的な争点が、試合ではまったく出てこなかったですね。」
「かなり常識とかけ離れた、非現実的な議論が出てましたよ。」
つまり、ディベート内での議論と現実の社会での議論に「ずれ」が生じているのです。すべての試合でこのようなことが起こっているとは思いませんが、確かにこのような議論が展開されるディベートもあるのは事実です。これは、なにも中高生のディベートに限ったことではなく、実は社会人のディベートに対しても同様なのです。

それでは、なぜこのような、「ずれ」が生じてしまうのでしょうか。
ディベートは議論の仕方を学ぶための教育的ゲームです。ディベートには、時間制限があり、また同時に、ゲームである以上、勝ち負けがあります。そのため、ディベーターは、限られたスピーチ時間中にどの議論を論じるかを選択する際に、何がその論題の下で中心的な争点なのかということよりも、往々にして、どの議論を展開すれば試合に勝てるのかを優先させがちです。そう云う訳で、現実の世界ではあまり中心的な争点とはなっていないものが、論題を肯定、あるいは否定する議論として選択されることも多分にあるのです。そのような議論は、一般の方々の目には、常識からかけ離れた、非現実的なものと映ってしまうこともあるでしょう。

このような議論に対しては、以下のような賛成意見と反対意見があります。
賛成者曰く、
「ディベートは論理の戦いであり、客観的な証拠資料に基づいて、堅固な論理を構築しているのであるから、何も問題は無いではないか。」
「現実の社会では、いろいろな利害関係や、議論の制限などもあることを考えれば、現実社会で行われている議論が、必ずしも真に中心的な争点とは限らないではないか。」
「一般には争点となっていないような新しい議論を考えることで、むしろ創造力の育成につながるのだ。」
などなど。
これに対して、反対意見としては
「現実から乖離した、非現実的な議論のための議論ではないか。」
「実際の社会で、どんなことが議論されているのかを知り、それらを深く分析することもディベートを学ぶ上で重要なのではないか。」
「思いもつかない議論を出して、相手を煙に巻いて優位に立とうなんて、まったくの勝利至上主義で、教育的に問題だ。」
といったものがあります。
このように現実の社会では一般的ではない議論をディベートの試合で論じることに関しては賛否両論があり、簡単に結論を出すことは出来ません。しかし、少なくとも次の事は言えるようです。

「現実の社会で一般的に論じられている議論の方が、そうでないものよりも、試合においては有利である。」

まず始めに、一般的な議論の方が、そうでないものより、ジャッジに評価してもらえる可能性が高いと言えます。
ディベーターは自らの主張が正しいことをジャッジに証明する責任を負っています。そして証明の度合いは、一律ではなく、証明しようとする主張の性質によっています。世間で一般に認知されている主張ならば、その正しさを証明するのは容易です。例えば、ガリレオの時代ならいざ知らず、現在では「地球はまるい。」という主張はほとんど論証を必要としないでしょう。なぜならば、地球がまるいことは、100人中100人が認める、言わば常識だからです。
それに対して、例えば、「UFOは宇宙人の乗り物である。」という主張はどうでしょう。UFOが宇宙人の乗り物であると信じている人は、それほど多くはないでしょう。つまり、この主張は、一般的な常識に基づくものとは言えないのです。このように常識に基づかない主張を証明するためには、聞く側を納得させるだけの、十分な論証が必要とされるのは当然です。
現実の社会で争点となっている議論は、常識に基づいている可能性が高いですから、それをもってジャッジを説得するのは、それだけ容易だと言う事ができます。
次に、一般的な議論の方が、そうでないものより、資料が豊富で、分析も深いことが多いとも言えます。一般的でない議論と言うのは、そもそも世間で論じられることが少ないため、一般的ではない訳です。社会で取り上げられ、論じられれば論じられるほど、資料が豊富になるのは当然でしょう。また、それだけ議論されているのですから、その問題に対する分析も深くなっている可能性が高いと思われます。
質の高い証拠資料が数多く存在する議論が、ディベートで有利なのは言うまでもありません。

このように、一般的な、常識に基づく議論というのは、そうでないものより、有利にはたらき、結果として試合に勝つ可能性も高いと考えることが出来るでしょう。
また、奇を衒った議論を提出しようとするときには、議論が一般的ではない分、論証の責任も、証拠資料を集める負担も大きくなるということを十分自覚した上で、試合の臨むべきでしょう。

インデックスに戻る