瀬能和彦の「あーぎゅめんと」

第2回 「前を向いて話そう♪」

故坂本九の世界的なヒット曲に「上を向いて歩こう」という歌がありましたが、ディベートでのスタンダードナンバーは何と言っても「前を向いて話そう」です。
大会や練習試合をジャッジしていると、原稿を読むのに夢中で、スピーチをしながらまるで顔を上げないディベーターを見ることがあります。こっちはずっとディベータを見つめているのですが、本人はそんなことにはまるで気が付きません。このままそっと席を立って、コーヒーでも飲みに行っても分からないんじゃないかなどと考えることもあります。一服して試合会場に帰ってきてジャッジ席に着いても気が付かないかもしれません。(まぁ実際試したことはないですけど。)
これに関して「スピーチ原稿を用意しておくからいけないんだ。」という意見があります。しかし、立論などの原稿をあらかじめ用意しておくこと自体は、現在の教室ディベートのトピックの多くが複雑な社会現象に関連しているものである、つまりそれだけ複雑で、深い議論がたたかわされることを考えれば、問題があることだとはいえません。むしろ事前に入念にリサーチし、それをもとにスピーチ原稿を準備することは、実際の試合での議論の質を高めることになるでしょう。また、事前に想定される議論を原稿にまとめておくことにより、試合中に心理的な余裕が生まれ、予期していた以外の相手の議論に関しても十分な対応ができるようになります。しかし、原稿はあくまでも原稿です。ただ用意した原稿をひたすら読めば、言いたいことが相手に伝わり、ディベートが成立するわけではないのです。それらをオーラル・コミュニケーションとしてのディベートでどのように利用するかを考える必要があります。
まず、コミュニケーションという点から考えてみましょう。
一般に人に話をするときには、いくつか守るべきマナーがあります。中でも、話をするときには相手を見るというのは、コミュニケーションの基本中の基本でしょう。ディベーターも、甲子園ルールにあるように相手に対してコミュニケーションの責任を負っています。試合においてスピーチの相手とはジャッジです。そのジャッジを見ることもなしに、ただひたすら原稿を読み上げるのでは、コミュニケーションの責任を果たしているとは言い難いでしょう。
また、発声という面でもマイナスです。常に下を向いたまま、机に向かってスピーチをしているわけですから、ディベーターの声が不明瞭になり、ジャッジに十分には理解されない可能性があります。
さらに、一番問題なのは、ジャッジからのフィードバックを受け止めることができないことです。
ジャッジはディベーターのスピーチを聞いて、何も考えずにフローを取っているわけではありません。ただ黙って議論をフローシートに取っているように見えて、その実、ジャッジは常に頭の中でディベーターの議論を理解し、分析し、評価しているのです。
さて、ディベーターのスピーチに対してジャッジは反応すべきかどうかという点に関しては、いろいろ意見があります。
例えばある人は、「ジャッジはディベーターの議論に対して素直に反応すべきで、それがディベートの質を向上させる。」と考えています。こう考えるジャッジはディベーターの議論が納得できるものであればうなずき、ひどいものであれば嫌な顔をします。また、「ジャッジの反応はディベーターに対して不必要な影響を及ぼすので良くない」という人もいます。こう考えているジャッジは、議論を聞いて、それがどんなにすばらしいものであっても無関心を装い、ポーカーフェイスのままです。
ジャッジの取るべき態度としてどちらが望ましいのかに関してはまた機会を改めて考えることとして、いずれの考えを持つにしろ、ジャッジは多かれ少なかれディベーターの議論に対して意識的あるいは無意識に何らかの反応を示しているものなのです。いくら無関心を装っていても、議論が意味不明であればジャッジの顔は多少は曇るでしょうし、また、ディベーターのスピーチが早過ぎると思えばフローを取る手を止め、ディベーターの顔をじっと見つめることもあるでしょう。
ディベーターが顔を上げてスピーチを行うなら、このようなジャッジからのさまざまなサインを上手に活かしてディベートすることができるのです。つまり、ジャッジを観察すればするだけ、それに対応したディベートを行うことができ、結果としてジャッジに評価され、試合に勝つ可能性が高くなるのは当然です。原稿を読むのに必死で、ジャッジの反応を見ようとしないなんて、もったいないお化けがでそうです。ああ、もったいない、もったいない。
ジャッジを意識してディベートする。これは、なにも立論や反駁に限った話ではありません。ジャッジを意識することが重要なのは、質疑においても同様です。
立論や反駁の際にはジャッジを意識したスピーチを行っているディベーターでも、質疑のときには、つい対戦相手のみを意識して話をしがちです。ジャッジを相手にスピーチをおこなう立論や反駁と違い、質疑では話をする相手は、対戦相手のディベーターだからです。
わたしは、質疑の際にも、常にジャッジを意識しながら、できるだけジャッジの方を向いて、質問したり、応答したりするようにディベーターに指導しています。
そうすることによって、質疑を、単に聞き取れなかった議論を相手に説明してもらう場で終わらせずに、相手の議論の弱い点や矛盾点をジャッジに対して明確にする場として活用することができるからです。イメージとしてはアメリカの陪審員裁判を考えていただければ分かりやすいと思います。陪審員裁判では、検察官や弁護士が証人を喚問する際に必ず陪審員にどうアピールするかを考えています。ディベートも同じです。肯定側対否定側という一対一のコミュニケーションではなく、ジャッジも巻き込んで質疑応答をする。これが非常に大切なことなのです。
実は、ジャッジを意識して質疑を行うことには、もうひとつのメリットがあります。ジャッジを意識し、できるだけジャッジの方に体を向けて質疑応答をすることで、冷静さを保つことができます。質疑は対戦相手と直接話をする唯一の機会です。肯定側と否定側で議論を戦わせているのですから、相手からなかなか良い返事がもらえないことも多いわけです。すると、中には相手の答えを聞いて、次第に冷静さを失い、口調が激しくなってくるディベーターも出てきます。相手と面と向かって話をすればするほど、このような光景が多くなってくるようです。ディベートで説得する相手は、対戦チームではなくジャッジなのだということを常に意識していれば、いつでも冷静に議論することができます。
ディベーターの議論を聞き、試合を判断するのは、ジャッジです。ジャッジの反応に注意してディベートすれば、議論の内容も良くなり、したがって、試合に勝利する可能性が高くなること請け合いです。話は単純です。ジャッジを見てディベートする。それだけで、試合に負けて悔し涙を流すことになる可能性がぐっと減るのです
さあ、ディベーターのみなさん、ご一緒に。
「前を向いて話そう。涙がこぼれないように。♪」

インデックスへ戻る