瀬能和彦の「あーぎゅめんと」

第3回 「中途(半端?)判定のすすめ」

明けましておめでとうございます。思っていたとおりY2Kによる大きな問題もなく、本年も恙無くディベートが続けられることになりそうです。西暦2000年ということで、”ディベート・ミレニアム”などと年賀状に書いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。後で見たらちょっと恥ずかしい気がするかもしれませんね。兎にも角にも本年も御贔屓のほどよろしくお願いいたします。
さて、よくディベーターから「どうしたらディベートが上手くなれますか?」という質問を受けることがあります。もちろんこの漠然とした質問には、いろいろな回答があるのですが、多くの場合私は「ジャッジをしてみなさい。」と答えるようにしています。「ディベートも満足にできないのにジャッジなんて」と考える人もいると思いますが、実は、ジャッジの目で試合を見ることにより、試合を局地的にではなく大局的に見ることができるようになるのです。ディベートの試合では個々の議論で勝つことが目的なのではなく、それらを総合してメリットやデメリットの総体で勝つことが目的なのですから、上手いディベートをするためには当然試合全体を見通す力が不可欠になるのです。「木を見て森を見ない」のが下手なディベーター、「木を見て森も見る」のが上手いディベーターなのです。
今回のこのコーナーでは、どうしたら森を見ることのできるディベーターになることができるのか、そのための簡単な訓練法をご紹介いたします。

提案:中途(半端)判定

目的:的確な判定力とそれに基づくディベート能力の統合的な育成を図る。

方法:

連盟の通常の試合方式で、双方第1反駁まで、つまり肯定側第1反駁まで、試合を行います。中途半端ですが、ここで一旦試合を止めます。そして、試合を見ていた生徒(試合に参加しているディベーターを含めるのも可)に、その時点での判定を出させます。3〜5分くらい、判定を決めるための時間を与えると良いでしょう。時間がたったら、まず挙手で判定を発表させます。この際、例えば、肯定側が勝ったと思ったら左手を、否定側が勝ったと思ったら右手を挙げさせる、あるいはグーとパーを出させるなどすると良いでしょう。皆同時に挙手させる理由は、他の人の判定に流されないようにするためです。
それぞれの判定を公表した後に、ひとりひとり判定理由を述べさせます。その際には、大雑把な試合の印象、感想などではなく、個々のメリットとデメリットの評価を、それぞれになされた議論を踏まえながら行わせ、最終的にメリットの総体とデメリットの総体のどちらが大きいかを述べさせます。この判定理由を述べさせる順番は、先ほどの判定多数決で負けた方のチームに挙手した人の中から1名を最初に、次に勝った方のチームに挙手した人をひとり、負けた方に挙手した人ひとりというように交互にさせると良いでしょう。これは、勝った方のチームの判定理由からはじめると、負けた方のチームに挙手した生徒が判定理由を述べにくくなるからです。
全員、或いは大方の判定理由発表が終わったところで、指導者からの判定理由発表、コメント、及び試合内容、議論に関してディスカッションを適宜行います。
以上でこのセッションの終了となります。ディベートを含め全体で1時間から1時間半くらい掛かるでしょう。


なぜ第1反駁が終わった時点で判定を出させるのか。

第1反駁が終わった時点では基本的には、立論とそれに対する反論があるだけです。ジャッジは、立論とそれに対する反論のみに基づいて判定を出さなければなりません。これはなかなか大変な仕事です。双方の第2反駁が終了した後であれば、試合の争点がかなり絞られてはっきりしていますし、個々の議論の優劣も明らかであることが多いのですが、第1反駁の時点では、まだ議論は十分「料理」されておらず、レアなままのことが多いからです。そのレアな議論をそれぞれの根拠をもとに評価して行かなければならない訳です。
このような訓練を行うことで、議論に対するディベーターの分析力が養われ、それはそのディベーターが自分で議論を構築する際にも非常に役に立つと考えられます。


オプションとして

以上の要領で中途判定を行い、それでセッション終了としても良いのですが、わたしはオプションとして以下のセッションを行うことがあります。

オプション1( 反駁セッションへの移行1)
中途判定での分析を元に、第1反駁をもう一度やらせて、第1反駁の強化を狙う。
審判をやっていた者も含め、数人にスピーチさせると良いです。

オプション2 (反駁セッションへの移行2)
中途判定での分析を元に(第1反駁はもとのままで)第2反駁を行わせ、「試合をまとめる力」「勝ちのシナリオを構築する力」の養成を狙う。

オプション3 (ジャッジング訓練)
オプション2に引き続き最終判定、判定理由発表、ディスカッションなどを行い。ジャッジングの訓練とする。

ただ漫然と試合を数多くこなすよりも、一つ一つの議論を吟味し、試合の流れを把握する訓練を積むことのほうがディベーターにとって為になります。そのためのひとつの訓練として考えた「中途(半端)判定」ですが、皆さんの学校でも試してみてはいかがでしょうか?

インデックスに戻る