瀬能和彦の「あーぎゅめんと」

第4回「ユニークなデメリット!?」

今年の論題も発表され、現役のみなさんは資料集めや、それをもとにした議論作りなどに励んでいることと思います。中学・高校の各論題でどんなメリットが提出されるのか、どんなデメリットが発生するのか今から非常に楽しみです。個人的に、特に否定側からは’ユニーク’なデメリットが提示されることを期待しています。’ユニーク’といっても、別に「デメリットの発想が可笑しい」とか、「よくぞこんなデメリットを思いついたなぁ」とか言っている訳ではありません。ディベートで(あるいは英語で)’ユニーク’という言葉が使われるときには、日本語とはかなり違った意味を持っているのです。そこで今回の「あーぎゅめんと」では、ディベートにおけるデメリットのユニークさについて少々考えてみたいと思います。
さて、’ユニークさ’の説明に入る前に、まずはデメリットの構成についてもう一度確認しておきましょう。デメリットの構成要素は何でしょうか。そうですね。発生過程と深刻性でしたね。プランの採択に伴うデメリットがどのように発生するのか、そのプロセスを論証するところが発生過程、そしてそのデメリットがどれくらいひどいものなのかを論証するところが深刻性です。発生過程がきちんと証明されていなければ、ジャッジはそのデメリットはそもそも発生しない、あるいは発生する可能性が低いと評価するでしょう。また、たとえ発生過程の証明がきちんとできていたとしても、深刻性の証明が十分でなければデメリットの大きさがメリットの大きさを上回ることができないでしょう。デメリットを試合で活かすためには、否定側はこの二つの証明ポイントのどちらも十分に証明する必要があり、肯定側はそれらを限りなくゼロにするべく反論を行うことになります。実はデメリットには、これら二つの証明ポイントの他にもう一つ重要な証明ポイントがあるのです。それがデメリットの’ユニークネス[Uniqueness]’(形容詞ユニーク[Unique]の名詞形)です。
それでは、この’ユニークネス’とは何でしょうか。恐らく初めてこの言葉を聞く方も多いと思います。これは英語のUniquenessという単語をそのままカタカナにしたもので、政策ディベートではデメリットの重要な証明ポイントの一つになっています。もちろんカタカナではなく、上手い日本語に直せれば良いと思うのですが、今のところなるほどという訳語が見当たりません。「固有性」と訳したりすることもあるのですが、発生過程や深刻性という言葉に比べると、この言葉を聞いてすぐに意味が分かるとは思えません。というわけで、申し訳ないのですが今回は、名詞としてはユニークネス、形容詞としてはユニークという言葉を使用させていただきます。(何か適切な言葉がありましたら、是非教えていただきたいと思います。)
さて、このユニークネスという概念を説明しましょう。ユニークネスとは、否定側の主張するデメリットが肯定側のプランからのみ引き起こされるものであるかどうかという議論です。上で確認したように、デメリットは、肯定側のプランから発生するもので、かつ深刻なものでなければなりません。それに加えてデメリットはプランを導入することで初めて発生するものでなければならないのです。
例を挙げて考えてみましょう。今年度のディベート甲子園の高校生論題は、「日本はすべての原子力発電を代替発電に切り替えるべきである。是か非か」です。この論題の下、否定側が以下のデメリットを提出したとします。

デメリット:第3世界へのシフト

発生過程:プランを導入すると日本の原発が第3世界に輸出されます。
プランを導入すると、日本国内ですべての原子力発電所が閉鎖されることになります。
そうすると、原子力発電関連企業は新たな市場を開発せざるを得なくなります。
その場合、市場として最も有望な第3世界へ原発の輸出を始めることになります。

深刻性:第3世界では原発事故の可能性が非常に高くなります。
第3世界では、日本や欧米に比べ、技術的・人的エラーの可能性が高くなります。

このデメリットに対し、肯定側は以下のようなユニークネスへの反論をすることができます。

1日本の原子力関連企業は既に第3世界に原発の輸出を行っている。(あるいは、輸出の計画を持っている。)
2フランスなど外国の企業が既に第3世界への原発輸出を行っている。
3外国からの支援がなくても、現在では第3世界は独自に原子力発電所を建設できる。

なぜこれらの議論が肯定側からのデメリットへの有効な議論になるのでしょうか。例えば2番目の議論を考えてみることにしましょう。
肯定側はプランを実行すると日本国内に市場を失った原子力関連企業が第3世界へ原発の輸出を始めると議論しています。これに対し否定側は、外国の企業が既に第3世界に対して原発の輸出を行っていると反論しています。つまり、日本が原発輸出をしなくても、外国が第3世界へ原発を輸出しているので、第3世界での原発建設は避けられないというのです。
試合の中で否定側はプラン導入によるデメリットを提示することによって、「プランを実行すると、このデメリットが発生するよ。」、言い換えれば、「プランを実行しなければ、このデメリットは避けられるよ。」と議論している訳です。ジャッジはこれに基づいて、デメリットの発生を回避するためにプランの採択を肯定しない=否定側の勝ちとするのです。つまり、否定側がデメリットを試合の中で有効に活用するためには、デメリットがプランの採択に伴って発生し、プランが採択されなければデメリットは発生しないと証明する必要があるのです。
これに対して、上記の例では肯定側が、外国企業の原発輸出を論証することによって、「このデメリットは肯定側のプランの採択を否定する理由にならない。なぜならば私たちのプランを実行しなくても、否定側のデメリットは発生してしまうからだ。」と議論していることになります。
この「デメリットはプランにユニークではない。」という肯定側からのユニークネスへの反論に対して否定側から有効な反駁がなされなければ、デメリットはプランを否定する理由として機能しなくなります。そこで、否定側は積極的に「デメリットはプランにユニークである。」つまり、「デメリットはプランの導入によって起こるものであり、プランが実行されなければデメリットは発生しない。」と論証しなければならないのです。上記の例では、例えば否定側は、

1肯定側の議論は過去の話で、現在では諸外国は原発の輸出を行っていない。
2たとえ現在でもいくつかの国が第3世界への原発輸出を行っていたとしても、その上に日本が新たに輸出を始めるので’その分だけ’原発事故の可能性は高くなる。

などの再反論を行うことができるでしょう。これらの否定側からのユニークネスに関する論証は、肯定側の第1反駁への反駁として否定側第2反駁で行っても良いですし、肯定側からの反論を予め防いでおくという意味で、デメリットを立論で提出する段階で行っておくのも有効でしょう。
最終的にはジャッジは、肯定・否定双方の議論を十分吟味した上で、はたしてプランから’ユニークに’発生するデメリットはどのくらいの大きさなのかを判断することになります。

以上、デメリットのユニークネスに関して簡単に説明してきましたが、最後に肯定側・否定側双方の議論についてまとめをしておきたいと思います。
デメリットのユニークネスに対して、
肯定側は、プランを実行しなくても、他の要因からデメリットが発生すると証明する。
否定側は、プランを実行しなければ否定側のいうデメリットは発生しないと証明する。
今年度提出されるデメリットが非常にユニークなものであることを願っています。

インデックスに戻る