瀬能和彦の「あーぎゅめんと」

第5回「リスク、リスク、リスク!」

夏のディベート甲子園に向けて、どの地区でも予選大会で熱い戦いが繰り広げられていることと思います。今年度のディベートは、中学論題も高校論題も、リスク(可能性)の評価が試合の行方を左右することが多くなるように思います。そこで、今回の「あーぎゅめんと」では、ディベートにおけるリスクの評価とどのように議論していけばリスクを上手に議論していけるのかについて考えてみたいと思います。
まず、今年度の中学、高校の論題について確認しておきましょう。
高校論題は、「日本はすべての原子力発電を代替発電に切り替えるべきである。是か非か」、中学論題は「日本は死刑制度を廃止すべきである。是か非か」です。
まず高校の論題を取り上げて考えてみることにしましょう。この論題のほとんどの試合で提出されている肯定側メリットに「原発の事故を防ぐ」というものがあります。このメリットに関して、肯定、否定双方がどのような議論を展開するのか簡単に紙上シミュレーションを行ってみることにします。
まず肯定側立論です。このメリットの説明として肯定側は立論で、人的ミス、地震、機械的欠陥等により原子炉は爆発する可能性があることを証明し、その結果放射能が漏れて何百万という人々が死亡すると主張します。
これに対し否定側は、第1反駁において、いくつもの安全装置の例を挙げ、「原発には何重もの安全対策が施されているので、爆発の可能性はない。」と反論します。
続く第1反駁で肯定側は、否定側の挙げた安全対策がどれも完璧ではないことを説明し、「よって事故の起こる可能性は否定できない。」と主張します。
このような肯定側、否定側双方のさまざまなやり取りの後、最終的に肯定側は第2反駁において次のように主張します。「たとえ何重もの安全策がとられていようと、それぞれが完璧なものではない以上、原子炉が爆発する可能性はゼロにはならない。」と。肯定側はまとめとしてさらに続けます。「たとえリスクが小さくても、原子炉が爆発したときの甚大な被害を考えれば、現状の問題は非常に大きいといえる。原発を廃止すればそのリスクが完全にゼロになるので、原発を廃止することのメリットはとても大きい。」
なるほど肯定側の言うように完璧な技術と言うのは存在しないように思えます。例えば、現代の科学技術の粋を集めて作られている航空機について考えてみましょう。どんなにコンピューターなどの技術が進歩しても、どんなに経験を積んだパイロットが操縦しても航空機が墜落する可能性は減少こそしますが、完全に無くなることはないでしょう。同じことが他のどんな技術にも当てはまると思います。つまり世の中の全ての技術にはそれが正常に機能しなくなるリスクがあり、どんなに対策を講じても何らかのトラブルが起こる可能性は決してゼロにはならないのです。そして唯一その可能性をゼロにする方法が、その技術自体を存在させなくすることであるわけです。
また、ある問題の大きさは単純なシステム分析では、その問題が起こる可能性とその深刻性によって評価されます。原発の例でいうと、原子炉爆発という問題の大きさは、(原子炉が爆発する可能性)×(爆発したときの影響)という式で評価できるわけです。従って、爆発のリスクが小さくても、爆発したときの影響が大きければ、結論としては大きな問題だと評価されるのです。そしてプランによって、原子炉を安全に廃棄できることが示せれば、その大きな問題が起こる可能性を完全にゼロにすることができる。それが肯定側の主張です。以上が今回の高校論題での肯定側の強みとなります。
さて、それでは否定側はこのような肯定側の主張に対してどのように反論していけば良いのでしょうか。メリットへの反論は否定側第1反駁の担当で、その基本的な役目は肯定側のメリットをできる限り小さくすることです。このメリットでは、否定側は、原子炉が爆発する可能性は完全には否定できないことを十分に認識した上で、それでもそのリスクは無視できるほど小さいのだと反論を組み立てていくことになります。具体的には、次のような反論が可能です。まず否定側は原発に施されている安全システムを個々証明します。それらに関して「どれも完璧だとは言えない。」という肯定側の反論を予想し、予め「たとえひとつの安全システムが正常にその機能を果たさなくても、それだけでは原子炉の爆発、放射能汚染には結びつかない。われわれの挙げる安全策が”すべて”機能しなくなったとき”のみ”放射能漏れから人的被害が発生するのだ。つまり肯定側は個々の安全システムが働かないことがあることを証明するだけでは不充分で、それらすべてが一度に機能しなくなることを証明する必要があり、その証明無くしては原子炉の爆発及びそれによる放射能汚染の被害を証明したことにはならないのだ。」と主張するのです。そして最終的に「否定側の証明する発生確率の高いデメリットがこのような極めて小さなリスクを上回る。」とまとめをします。このように議論を展開していくことで、肯定側の言う問題のリスクをゼロにはできないまでも、無視できるほど限りなくゼロに近づけることはできそうです。
中学論題の死刑制度の廃止についても同様です。
通例、肯定側は「冤罪による死刑を防ぐ」というメリットを提出します。そして立論で、免田事件、財田川事件など、死刑判決が出ていながら最終的に逆転無罪になった例を挙げ、冤罪による死刑判決が存在することを証明し、重要性として無実でありながら処刑されてしまう人の命を救うのだと議論します。それに対して否定側は、それらの冤罪事件は戦後直後の混乱期に起こったもので、現在の裁判制度においては、そのような冤罪は起こり得ないと反論します。肯定側は再反駁で「裁判官といえども人間であり、人間が判決を出す以上、常に誤審の、ひいてはそれによって無実の人間が処刑されてしまう可能性が存在する。そしてプランで死刑制度を廃止することにより、そのあってはならないこと=冤罪による死刑を完璧になくすことができるのだ。」と結論付けます。高校生論題の原子炉の爆発同様、この冤罪による死刑という議論も、やはりそれ自体は完全に可能性がゼロであるとは否定しきず、かつそれによって発生する問題が許しがたいものであることが、肯定側の強みになっています。
これに対し否定側はどのように反論していけば良いのでしょうか。基本的には原発の問題に対するものと同じ事がこの論題でもあてはまると思います。つまり否定側は、裁判官の慎重な審議、三審制など、冤罪及びその結果としての死刑を防ぐ現状のさまざまなシステムを説明・証明し、それらが”すべて”機能しないとき”のみ”に死刑が行われることを指摘し、「それら現状の持つシステムがすべて同時に機能しないと肯定側によって証明されない限り、冤罪による死刑の可能性を証明したことにはならない。」と結論を述べるのです。原発同様、このように肯定側の立証責任を重くしていくことで、冤罪による死刑のリスクを非常に小さなものにしていくことができるでしょう。
以上のように、今年の論題は中学も高校も、肯定側の挙げる問題の発生するリスクが試合の結果を大きく左右する争点となります。肯定側は、もし起こってしまったらその被害が認めがたいほど大きい問題を取り上げ、その発生の可能性及びプランによってその可能性を完全に取り除くことを主張し、否定側は、その発生の可能性はきわめて小さく、よって発生確率の高いデメリットがメリットを上回るのだと主張することになります。はたして問題が発生するリスクは大きいのか、小さいのか。リスク、リスク、リスク。
さて、これまでディベーター側からどのようにリスクを議論していくか考えてきたわけですが、もちろんそれらディベーターの議論を評価するジャッジの役割も重要です。ディベーターが一所懸命リスクの議論を展開しても、ジャッジが「まぁ、リスクがちょっとでもあるから肯定側の勝ち」とか「大きくないから否定側の勝ち」という単純な評価で試合を決してしまっては本も子もありません。ジャッジは、試合の中でそのリスクがどのくらいの大きさになったのか、双方の議論を十分に吟味して評価を行い、それを判定スピーチでディベーターに伝える責任を負っているのです。
政策ディベートではリスク分析が不可欠です。そういう意味で今回の論題は、正に政策ディベート向きと言えるのではないでしょうか。
さあ、我と思わん生徒は否定側第1反駁に挑戦してみてはいかがでしょうか。もちろん試合ではいつも上手くいくとは限りませんが。何たって、リスクは常に存在するんですから。