【例会報告】

2017年度 

5月25日 (第426回) 例会報告

■論題:日本は日米安全保障条約を破棄するべきである。是か非か

■参加者:12名

■ディベーター
【肯定側】立論、第一反駁:織田さん、第二反駁:三橋さん
【否定側】立論:渡辺博忠さん、第一反駁:朝倉さん、第二反駁:山下さん

■勝敗:否定側の勝利 (3:4.1)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.日本は、「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」を2018年6月1日を以て破棄する。
2.その他必要な措置を講ずる。

メリット:人類滅亡の回避

【否定側】
デメリット1:中国による尖閣諸島の侵略
デメリット2:平和主義の破棄

5月6日 (第425回) 土曜練習会

■論題:日本はペットの売買を禁止するべきである。是か非か

■参加者:12名

4月23日 (第424回) 例会報告

■論題:日本における遺伝子組み換え作物の栽培及び流通は促進されるべきである。是か非か

■参加者:16名

■ディベーター
【肯定側】立論:内田文月さん、第一反駁:藤岡さん、第二反駁:内田隆仁さん
【否定側】立論:織田さん、第一反駁:朝倉さん、第二反駁:松葉さん

■勝敗:否定側の勝利 (2:8.1)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.遺伝子組み換えにより有用成分を強化した作物の栽培および流通を促進する。
2.飼料用の遺伝子組み換え作物の栽培および流通を促進する。
3.食品における遺伝子組み換え作物や原材料の含有表示は現行制度を維持する。
4.その他、必要な措置を取る。

メリット1:生活習慣病の予防と治療
メリット2:家畜飼料の自給率の向上

【否定側】
デメリット1:地下水汚染
デメリット2:農家の破産

4月8日 (第423回) 土曜練習会

■論題:日本は地域別ゴールデンウィーク制度を導入するべきである。是か非か

■参加者:13名

3月23日 (第422回) 例会報告

■論題:日本における遺伝子組み換え作物の栽培及び流通は促進されるべきである。是か非か

■参加者:19名

■ディベーター 【肯定側】立論:朝倉さん、第一反駁:内田隆仁さん、第二反駁:織田さん 【否定側】立論、第一反駁:安藤さん、第二反駁:藤岡さん
■勝敗:肯定側の勝利 (10.1:4)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.国内で栽培および流通している食品、食品の原材料、および家畜飼料としての作物を遺伝子組み換え作物に置き換える。
2.2018年から2027年の10年間で段階的に置き換える。
3.食品における遺伝子組み換え作物や原材料の含有表示は現行制度を維持する。
4.遺伝子組み換え技術を用いたバイオレメディエーション(※1)、
  ファイトレメディエーション(※2)を実践する。
5.その他必要な措置を講ずる。
(※1) バイオレメディエーションとは、微生物や菌類や植物、あるいはそれらの酵素を用いて、有害物質で汚染された自然環境(土壌汚染の状態)を、有害物質を含まない元の状態に戻す処理のことである。
(※2) ファイトレメディエーションとは、植物が気孔や根から水分や養分を吸収する能力を利用して、土壌や地下水、大気の汚染物質を吸収、分解する技術のことである。

メリット1:食糧自給率の向上
メリット2:農家の収入の改善

【否定側】
デメリット1:環境汚染
デメリット2:食品への不安増加

3月4日 (第421回) 土曜練習会

■論題:日本は国、地方議会の議員の半数を女性とするべきである。是か非か

■参加者:16名

2月23日 (第420回) 例会報告

■論題:日本は道州制を導入するべきである。是か非か

■参加者:14名

■ディベーター
【肯定側】立論:石井さん、第一反駁:時本さん、第二反駁:堀口さん
【否定側】立論:渡辺博忠さん、第一反駁:中川さん、第二反駁:織田さん

■勝敗:否定側の勝利 (1:7.1)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.日本における都道府県制を廃止し、広域圏を単位に、 全国を9から13の道・州に区分けする。
2.その広域圏の府県と国の出先機関を統合し、国から外交・ 防衛・貨幣を除く権限を移し
  道州政府をつくる。
3.道州政府に課税自主権、税率決定権、徴税権を与える。
4.道州政府に法律上書き権を与える。
5.道州政府を公選の知事と議会を置く地方自治体とし、交通、 商業、産業、環境などの広域政策を
  展開する内政の拠点にする。
6.国の財源は道州からの国費分担金とする。
7.国費分担金の額は道州のGDPに応じて決める。
8.その他必要な措置を講ずる。
9.プラン実施開始は2022年4月とする。

メリット1:経済の活性化
メリット2:世界恐慌の回避

【否定側】
デメリット1:国民の所得格差の拡大
デメリット2:教育水準低下地域の発生

2月11日 (第419回) 土曜練習会

■論題:日本は首相公選制を導入するべきである。是か非か

 付帯条項:
 ・選挙権を持つ人が立候補できる。
 ・国民の直接投票により選出。
 ・1期は4年。連続2期まで。

■参加者:17名

1月26日 (第418回) 例会報告

■論題:日本は道州制を導入するべきである。是か非か

■参加者:17名

■ディベーター
【肯定側】立論、第二反駁:織田さん、第一反駁:石井さん
【否定側】立論、第二反駁:内田隆仁さん、第一反駁:三村さん

■勝敗:否定側の勝利 (5:7.1)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.日本における都道府県制を廃止し、現行の市町村を維持しつつ、全国を11の道・州に区分けする。
2.防衛・通貨・外交以外の権限をすべて国から道州へ移譲する。
3.首都機能は東京に残す。
4.国庫支出金、地方交付税を廃止し、地方税に切り替え、州の収入の3割を国に納める。
5.道州知事は、該当する道州に属する住民の直接選挙によって選出する。
6.選挙権・被選挙権は、現行の都道府県知事を選出する際の要件と同様とする。
7.2022年より導入する。
8.その他必要な措置を講ずる。

メリット1:首都防災対策の強化
メリット2:需要に合う政策の実現

【否定側】
デメリット1:外交の不安定化
デメリット2:災害対応力の低下

1月7日 (第417回) 土曜練習会

■論題:日本は成人の日および成人式を廃止するべきである。是か非か

■参加者:14名

トップに戻る


2016年度 

12月22日 (第416回) 例会報告

■論題:日本はカジノを合法化するべきである。是か非か

■参加者:21名

■ディベーター
【肯定側】立論:内田隆仁さん、第一反駁:内田文月さん、第二反駁:石井さん
【否定側】立論:田久保さん、第一反駁:織田さん、第二反駁:安藤さん

■勝敗:否定側の勝利 (5.1:7)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.カジノを含む統合型リゾート(IR)を地域ブロック*に最大一つずつ設置する
2.未成年のカジノへの入場を禁止する
3.法人税とは別にカジノの売上に課税し、税率は10%とする
4.税収をギャンブル依存症対策の予算に充てる
5.次のギャンブル依存症対策を行う公的機関を設置する
 A) 本人、家族、または第三者機関の申請によるカジノへの立入制限(通称:排除プログラム)
 B) ギャンブル依存症に関する教育、啓発活動
 C) 依存症に関するカウンセリングサービス、ホットライン設置
6.その他必要な措置をとる

*北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州、沖縄

メリット:ギャンブル依存症の減少

【否定側】
デメリット1:ギャンブル依存症の増加
デメリット2:地域住民の貧困化

12月3日 (第415回) 土曜練習会

■論題:企業は定年制を廃止するべきである。是か非か

■参加者:14名

11月24日 (第414回) 例会報告

■論題:日本はカジノを合法化するべきである。是か非か

■参加者:19名

■ディベーター
【肯定側】立論:織田さん、第一反駁:時本さん、第二反駁:内田隆仁さん
【否定側】立論:石井さん、第一反駁:内田文月さん、第二反駁:倉田さん

■勝敗:否定側の勝利 (5:7.1)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.IR施設を、東京都以外の都道府県に三件設置する。
2.カジノは公営とする。
3.運営は民間企業が行う。
4.税率は収益の10%とする。
5.ギャンブル依存症に対する、早期発見・フォローアップといった対策を義務化する。
6.カジノ内の監視カメラの設置場所や数を法令で義務づける。
7.カジノへの18歳未満の者の入場を禁止する。
8.その他必要な措置を講ずる。

メリット1:アングラマネー根絶の促進
メリット2:過疎化の解消

【否定側】
デメリット1:ギャンブル依存症の増加
デメリット2:犯罪の増加

11月19日 (第413回) 土曜練習会

■論題:日本はカジノを合法化するべきである。是か非か

■参加者:20名

10月27日 (第412回) 例会報告

■論題:日本は天皇制を廃止するべきである。是か非か

■参加者:12名

■ディベーター
【肯定側】立論:山下さん、第一反駁:岡本さん、第二反駁:石井さん
【否定側】立論:織田さん、第一反駁:八戸さん、第二反駁:時本さん

■勝敗:肯定側の勝利 (4.1:1)

■試合内容
【肯定側】
プランなし。

メリット1:不平等の解消
メリット2:コスト削減

【否定側】
デメリット1:国家滅亡
デメリット2:重要文化の衰退

10月15日 (第411回) 土曜練習会

■論題:日本は捜査協力型司法取引を導入すべきである。是か非か

■参加者:21名

9月22日 (第410回) 例会報告

■論題:日本は天皇制を廃止するべきである。是か非か

■参加者:21名

■ディベーター
【肯定側】立論:間さん、 第一反駁:石井さん、第二反駁:織田さん
【否定側】立論:堀口さん、第一反駁:岡本さん、第二反駁:時本さん

■勝敗:肯定側の勝利 (8:7.1)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.天皇制(皇室制度)の廃止に伴い、憲法を改正し、必要に応じて関連法制度の改正または廃止をおこなう。
2.2020年4月1日を持って廃止とする。
3.その他必要な措置を講ずる。

メリット1:税負担の軽減および皇室財産の利用
メリット2:天皇および皇族の健康
メリット3:戦争の回避

【否定側】
デメリット1:日本の安全性の崩壊
デメリット2:日中関係の悪化

9月10日 (第409回) 土曜練習会

■論題:日本は通貨を電子通貨とするべきである。是か非か

■参加者:25名

8月25日 (第408回) 例会報告

■論題:日本は国民投票制度を導入するべきである。是か非か

 付帯条項:
 ・ここでいう国民投票制度とは、18歳以上の有権者の署名により、法律の制定、
  改正、廃止について請求する制度とする。
 ・投票の結果は法的拘束力を持つものとする。

■参加者:17名

■ディベーター
【肯定側】立論:織田さん、第一反駁:橋本怜弥さん、第二反駁:白神さん
【否定側】立論:八戸さん、第一反駁:八戸さん、  第二反駁:石井さん

■勝敗:否定側の勝利 (3:7.1)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.有権者の1%以上の署名又は衆議院若しくは参議院の国会議員の3分の1以上の要求を発議要件とする。
2.その他、必用な措置を講じる。

メリット1:政策の高い正統性
メリット2:若者の政治参加

【否定側】
デメリット:日中戦争勃発

8月13日 (第407回) 土曜練習会

■論題:IOCはオリンピックへのプロ選手の参加を禁止するべきである。是か非か

■参加者:14名

7月28日 (第406回) 例会報告

■論題:日本は国民投票制度を導入するべきである。是か非か

 付帯条項:
 ・ここでいう国民投票制度とは、18歳以上の有権者の署名により、法律の制定、
  改正、廃止について請求する制度とする。
 ・投票の結果は法的拘束力を持つものとする。

■参加者:26名

■ディベーター
【肯定側】立論:石井さん、第一反駁:内田文月さん、第二反駁:橋本怜弥さん
【否定側】立論:白神さん、第一反駁:麻島さん、  第二反駁:織田さん

■勝敗:肯定側の勝利 (11.1:4)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.18歳以上の有権者100万人以上の署名を発議要件とする。
2.その他必要な措置を講ずる。

メリット1:民意の反映
メリット2:政治的関心の上昇

【否定側】
デメリット1:財政破綻
デメリット2:少数派切り捨ての政策

7月9日 (第405回) 土曜練習会

■論題:日本は救急車の利用を有料化するべきである。是か非か

■参加者:18名

6月30日(第404回)例会報告

■論題:日本はすべての雇用主に男性労働者の育児休暇の取得を義務付けるべきである。是か非か

■参加者:21名

■ディベーター
【肯定側】立論:石井さん、第一反駁:織田さん、第二反駁:時本さん
【否定側】立論:白神さん、第一反駁:山下さん、第二反駁:小林さん

■勝敗:否定側の勝利 (1:13.1)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.子どもが3歳になるまでに父親に育児休暇を1か月以上2ヶ月以下取得させることを雇用主に義務付ける。
2.育児休暇の分割取得を可能とする。
3.育児休暇の給付金に関しては現行制度と同一とする。
4.その他必要な措置を取る。

メリット1:女性の活躍の促進
メリット2:母親と子供の救済

【否定側】
カウンタープラン:
1.待機児童の多い地域の自治体の庁舎または、その関連施設に保育所を併設する。
2.テレワークの導入を義務化

デメリット1:財政の破綻

6月11日 (第403回) 土曜練習会

■論題:日本は死刑を廃止するべきである。是か非か

■参加者:18名

5月26日 (第402回) 例会報告

■論題:日本はすべての雇用主に男性労働者の育児休暇の取得を義務付けるべきである。是か非か

■参加者:24名

■ディベーター
【肯定側】立論:内田文月さん、第一反駁:内田隆仁さん、第二反駁:大浦さん
【否定側】立論:織田さん  、第一反駁:石井さん  、第二反駁:倉田さん

■勝敗:肯定側の勝利 (16.1:0)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.子どもが3歳になるまでに父親に育児休暇を2ヶ月取得させることを雇用主に義務付ける。
2.育児休暇の分割取得を可能とする。
3.育児休暇の給付金に関しては現行制度と同一とする。
4.その他必要な措置を取る。

メリット1:家事、育児の分担の実現
メリット2:女性の働く権利

【否定側】
デメリット1:少子化の促進
デメリット2:性的虐待の増加

5月14日 (第401回) 土曜練習会

■論題:日本は地域別ゴールデンウィークを導入するべきである。是か非か

■参加者:24名

4月28日 (第400回) 例会報告

■論題:日本はすべての原子力発電所を廃止するべきである。是か非か

■参加者:19名

■ディベーター
【肯定側】立論:安藤さん、第一反駁:時本さん、第二反駁:織田さん
【否定側】立論:内田さん、第一反駁:八戸さん、第二反駁:石井さん

■勝敗:否定側の勝利 (4:6.1)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.政府は2025年までに原子力発電所を全廃する
2.その他必要な措置をとる

メリット:原発事故のリスク回避

【否定側】
カウンタープラン:
1.原発の運転期間を35年に短縮し、延長は禁止する
2.運転期間を超えた原発は最新型に建替える
3.建替え時には活断層、津波被害を再評価し、災害リスクが小さい立地を選択する

デメリット:アルマゲドン

4月9日 (第399回) 土曜練習会

■論題:日本は教科用図書検定制度を廃止するべきである。是か非か

■参加者:28名

3月24日 (第398回) 例会報告

■論題:日本はすべての原子力発電所を廃止するべきである。是か非か

■参加者:25名

■ディベーター
【肯定側】立論:倉田さん、第一反駁:八戸さん、第二反駁:石井さん
【否定側】立論:山下さん、第一反駁:織田さん、第二反駁:中川さん

■勝敗:肯定側の勝利 (12.1:3) (棄権4)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.政府は原子力発電所を全廃する。
 1-1.2025年までに段階的に廃炉にする。
 1-2.廃炉費用は電気料金に上乗せする。
 1-3.原発の燃料である濃縮ウランを他国に売却し、廃炉費用の一部とする。
 1-4.原子力発電所からの離職者を代替発電関連の職場に斡旋する。
2.発電電力の比率は、火力発電70%、水力発電10%、再生可能エネルギー(太陽光、風力、
  地熱、バイオマス、太陽熱等)20%とする。
3.その他必要な措置をとる

メリット:原発事故のリスク回避

【否定側】
デメリット1:原発事故のリスク向上
デメリット2:電気料金の上昇

3月12日 (第397回) 土曜練習会

■論題:日本は中学校でいのちの授業を必修化するべきである。是か非か

■参加者:21名

2月25日(第396回)例会報告

■論題:日本は積極的安楽死を法的に認めるべきである。是か非か

■参加者:21名

■ディベーター
【肯定側】立論:織田さん、第一反駁:堀口さん、第二反駁:石井さん
【否定側】立論:時本さん、第一反駁:内田文月さん、第二反駁:岡本さん

■勝敗:否定側の勝利 (4.1:10)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.次の要件を満たす場合に積極的安楽死を認める。
 ・患者が生命の短縮を希望している
 ・患者が耐え難い苦痛に苦しんでいること
 ・実施にあたり二人以上の医師の承認を必要とする
 ・医師は患者の症状や見込みについて十分に情報を与えていること
 ・患者の苦痛を除去・緩和するために代替手段がない
 ・患者の死期が迫っている
2.積極的安楽死は苦痛を伴わない倫理的な方法で行う。
3.その他必要な措置を講じる。

メリット1:医師の適正配分化
メリット2:患者の親族の負担の軽減

【否定側】
デメリット1:命の軽視
デメリット2:誤診による殺人

2月6日 (第395回) 土曜練習会

■論題:日本は独身税を導入するべきである。是か非か

■参加者:30名

1月28日(第394回)例会報告

■論題:日本は積極的安楽死を法的に認めるべきである。是か非か

■参加者:22名

■ディベーター
【肯定側】立論:内田さん、第一反駁:石井さん、第二反駁:岡本さん
【否定側】立論:藤岡さん、第一反駁:山本さん、第二反駁:斉藤さん

■勝敗:肯定側の勝利 (12.1:3)

■試合内容
【肯定側】
プラン:
1.以下の要件を満たす場合に積極的安楽死を認める。
 ・患者が生命の短縮を希望していること
 ・患者が耐え難い苦痛に苦しんでいること
 ・患者の苦痛を除去・緩和するために代替手段がないこと
 ・患者の死期が迫っていること
 ・医師は患者の症状や見込みについて十分に情報を与えていること
2.積極的安楽死は苦痛を伴わない倫理的な方法で行う。
3.その他必要な措置をとる。

メリット1:不安と痛みの解消
メリット2:安楽死の負担軽減

【否定側】
デメリット1:不本意な死
デメリット2:医療技術の停滞

1月9日 (第393回) 土曜練習会

■論題:日本は成人年齢を18歳に引き下げるべきである。是か非か

■参加者:24名

トップに戻る


2015年度 

12月24日(第392回)例会報告

■論題:日本は喫煙を禁止するべきである。是か非か

 付帯条項:
  ここでいう喫煙とは、タバコを吸う行為だけでなく、その生産、販売、
  譲渡、及び輸出入を指す。

■参加者:22名

■ディベーター
【肯定側】立論:中川さん、第一反駁、第二反駁:内田隆仁さん
【否定側】立論:石井さん、第一反駁:内田文月さん、第二反駁:山下さん

■勝敗:肯定側の勝利 (12.1:5)

■試合内容
【肯定側】
プラン
1.タバコの生産、販売、及び輸出入の総量を段階的に規制し、2019年までに喫煙を禁止する。
2.違反者(喫煙を強制した者を含む)に対する法定刑は死刑、無期懲役、5年以上の有期懲役とする。
3.その他、必要な措置を講ずる

メリット1:命と健康を守る
メリット2:火災の防止

【否定側】
カウンタープラン:
1 「紙巻きたばこ」を廃止し、着火せずに噛むことで風味を楽しむ「噛みタバコ」のみ、製造・販売を認める。
2 公共の場での喫煙に罰金を課す。
3 たばこの自動販売機設置廃止や学校などの禁煙教育等、禁煙対策を強化する。

デメリット1:権利侵害
デメリット2:産業の縮小

12月12日(第391回)土曜練習会

■論題:日本は中学生以下の携帯電話の使用を禁止するべきである。是か非か

■参加者:17名

11月26日(第390回)例会報告

■論題:日本は喫煙を禁止するべきである。是か非か

 付帯条項:
  ここでいう喫煙とは、タバコを吸う行為だけでなく、その生産、販売、
  譲渡、及び輸出入を指す。

■参加者:22名

■ディベーター
【肯定側】立論:石井さん、第一反駁:白神さん、第二反駁:本宮さん
【否定側】立論:堀口さん、第一反駁:八戸さん、第二反駁:宮里さん

■勝敗:肯定側の勝利 (9.1:4)

■試合内容
【肯定側】
プラン
1.国は、違法喫煙に対する取締りを強化する。
2.2020年4月1日より施行する。
3.その他必要な措置を講じる。

メリット1:タバコによる健康被害の減少
メリット2:火災の防止

【否定側】
デメリット1:幸福追求権の侵害
デメリット2:治安悪化

11月7日(第389回)土曜練習会

■論題:日本は喫煙を禁止するべきである。是か非か

■参加者:22名

10月22日(第388回)例会報告

■論題:日本は裁判員制度を廃止するべきである。是か非か

■参加者:23名

■ディベーター
【肯定側】立論:内田隆仁さん、第一反駁:岡本さん、第二反駁:植山さん
【否定側】立論:石井さん、第一反駁:山下さん、第二反駁:藤岡さん

■勝敗:否定側の勝利 (8.1:9)

■試合内容
【肯定側】
プランなし。

メリット1:法の支配
メリット2:負担の解消

【否定側】
デメリット1:国民の意思なき司法

10月10日(第387回)土曜練習会

■論題:日本は死刑制度を廃止するべきである。是か非か

■参加者:24名

9月24日(第386回)例会報告

■論題:日本は裁判員制度を廃止するべきである。是か非か

■参加者:18名

■ディベーター
【肯定側】立論:内田文月さん、第一反駁:小林さん、第二反駁:藤岡さん
【否定側】立論:石井さん、第一反駁:山下さん、第二反駁:白神さん

■勝敗:否定側の勝利 (2:8.1)

■試合内容
【肯定側】
プラン
1.2016年4月までに裁判員法が定める規定をすべて廃止し、
  職業裁判官のみによる裁判制度に戻すものとする。
2.その他必要な措置を講ずる。

メリット1:公正な裁判の実現
メリット2:精神的負担からの解放

【否定側】
デメリット1:誤判の増加
デメリット2:司法の弱体化

9月19日(第385回)土曜練習会

■論題:日本は裁判員制度を廃止するべきである。是か非か

■参加者:17名

8月27日(第384回)例会報告

■論題:日本は着床前診断を幅広く実施するための法的整備を行うべきである。是か非か

 付帯条項:
  ここで言う「幅広く実施するための法的整備」とは、過度に限定的な条件を設けず、
  基本的に希望するすべての国民が着床前診断を受けられるよう法的環境を整備する
  ことを指す。

■参加者:15名

■ディベーター
【肯定側】立論:石原さん、第一反駁:内田さん、第二反駁:石井さん
【否定側】立論:堀口さん、第一反駁:三橋、第二反駁:山本さん

■勝敗:肯定側の勝利 (6.1:3)

■試合内容
【肯定側】
プラン
1.法的環境を整え2016年4月より着床前診断を原則希望する国民すべてに認める。
2.その他必要な措置を講ずる。

メリット1:母体の安全を守る
メリット2:遺伝性疾患の一定数の減少

【否定側】
デメリット1:男女の産み分けによる命の選別
デメリット2:母体への負担

8月1日(第383回)土曜練習会

■論題:日本は首相公選制を導入するべきである。是か非か

■参加者:22名

7月24日(第382回)例会報告

■論題:日本は着床前診断を幅広く実施するための法的整備を行うべきである。是か非か

■参加者:19名

■ディベーター
【肯定側】立論:宮里さん、第一反駁:本宮さん、第二反駁:山下さん
【否定側】立論:石井さん、第一反駁:岡本さん、第二反駁:安藤さん

■勝敗:肯定側の勝利 (7:5.1)

■試合内容
【肯定側】
プラン
1.遺伝性疾患の子供を産むリスクのある両親または習慣性流産などの患者が望む場合   着床前診断を認める。
2.着床前診断は認定された医療機関で認定された医師によってのみ行われる。
3.その他必要な措置を講じる。

メリット1:母親の自己決定権の尊重
メリット2:母親の肉体的負担、精神的負担の軽減

【否定側】
論題充当性:肯定側が提示したプランは論題を満たしていないので論題を肯定できない
デメリット:障害者の排除

7月11日(第381回)土曜練習会

■論題:日本は外国語を完全に選択科目とするべきである。是か非か

■参加者:22名

6月25日(第380回)例会報告

■論題:日本は日米安全保障条約を破棄するべきである。是か非か

■参加者:26名

■ディベーター
【肯定側】立論:小林さん、第一反駁:村木さん、第二反駁:三橋さん
【否定側】立論:深沢さん、第一反駁:内田さん、第二反駁:石井さん

■勝敗:肯定側の勝利 (10.1:8)

■試合内容
【肯定側】
プラン
1.日本はアメリカに「安保条約終了」を通告し、1年後に条約解除とする。
2.その他、必要な措置をとる。

メリット1:アメリカの植民地主義への歯止め
メリット2:米軍兵器の脅威の除去

【否定側】
デメリット1:アジアの緊張
デメリット2:経済制裁

6月13日(第379回)土曜練習会

■論題:日本は国、地方議会の議員定数の半数を女性とするべきである。是か非か

■参加者:21名

5月28日(第378回)例会報告

■論題:日本は日米安全保障条約を破棄するべきである。是か非か

■参加者:17名

■ディベーター
【肯定側】立論:石井さん、第一反駁:筒井さん、第二反駁:山本さん
【否定側】立論:村木さん、第一反駁:藤岡さん、第二反駁:内田さん

■勝敗:否定側の勝利 (0:10)

■試合内容
【肯定側】
プラン
1.日本はアメリカに対し日米安全保障条約を終了する意思を通告する。
2.2016年6月30日をもって日米安全保障条約を終了する。
3.その他、必要な措置を講ずる。

メリット1:日本が攻撃を受けるリスクの軽減
メリット2:基地周辺住民の人命尊重

【否定側】
デメリット1:周辺国からの侵攻
デメリット2:アメリカとの信頼関係、協調関係の欠如

5月9日(第377回)土曜練習会

■論題:日本は企業に男性の育児休暇取得を義務づけるべきである。是か非か

■参加者:17名

4月23日(第376回)例会報告

■論題:日本は首相公選制を導入するべきである。是か非か

■参加者:17名

■ディベーター
【肯定側】立論:三村さん、第一反駁:斉藤さん、第二反駁:八戸さん
【否定側】立論:筒井さん、第一反駁:三橋さん、第二反駁:岡本さん

■勝敗:否定側の勝利 (4:6.1)

■試合内容
【肯定側】
プラン
●2018年度より国民が直接首相を選ぶ選挙を行う。
●投票において過半数の得票を得なかかった場合、2週間後に上位2者による決選投票を行う。
●任期は4年とし、3選を禁止する。衆議院議員総選挙を同時に行うものとする。
●衆議院は、3分の2以上の多数決で首相に対する不信任を議決できる。衆議院も同時に解散となる。
●その他、必要な措置をとる。

メリット1:民主主義の成熟
メリット2:政治意識向上

【否定側】
デメリット1:人気取りの無能な候補者の選出
デメリット2:政治の停滞

4月18日(第375回)土曜練習会

■論題:日本は痩せすぎモデルのビジネス、メディアでの使用を禁止するべきである。是か非か

■参加者:19名

3月26日(第374回)例会報告

■論題:日本は首相公選制を導入するべきである。是か非か

■参加者:13名

■ディベーター
【肯定側】立論:村木さん、第一反駁:三橋さん、第二反駁:岡本さん
【否定側】立論:三村さん、第一反駁:小林さん、第二反駁:斉藤さん

■勝敗:肯定側の勝利 (3.1:3)

■試合内容
【肯定側】
プラン
●2018年度より国民が直接首相を選ぶ選挙を行う。
●投票において過半数の得票を得なかかった場合、2週間後に上位2者による決選投票を行う。
●任期は4年とし、3選を禁止する。衆議院議員総選挙を同時に行うものとする。
●衆議院は、3分の2以上の多数決で首相に対する不信任を議決できる。衆議院も同時に解散となる。
●その他、必要な措置をとる。

メリット1:政治の安定
メリット2:国民の政治意識向上

【否定側】
デメリット1:ポピュリズムの加速
デメリット2:日中関係の緊張拡大

3月14日(第373回)土曜練習会

■論題:日本は天皇制を廃止するべきである。是か非か

■参加者:16名

2月26日(第372回)例会報告

■論題:日本は積極的安楽死を法的に認めるべきである。是か非か

■参加者:14名

■ディベーター
【肯定側】立論、第二反駁:村田さん、第一反駁:谷川さん
【否定側】立論、第二反駁:安藤さん、第一反駁:岡田さん

■勝敗:肯定側の勝利 (5.1:3)

■試合内容
【肯定側】
プラン
積極的安楽死法を制定し、次の7つの要件を満たす場合に積極的安楽死を実行できるようにする。
1.患者が耐えがたい激しい肉体的苦痛に苦しんでいること
2.患者は死が避けられず、その死期が迫っていること
3.患者の肉体的苦痛を除去・緩和するための方法を尽くしほかに代替手段がないこと
4.生命の短縮を承諾する患者の明確な意思表示があること
5.処置を実施することに対して、家族の同意を必要とすること
6.回復の見込みの判断には、精神科医、麻酔科医を含む2人以上の医者による判断を行うこと
7.処置は医師が実行し、薬物の投与等による倫理的な方法をとること

メリット1:患者の肉体的な負担を取り除く
メリット2:患者の精神的な負担を取り除く

【否定側】
デメリット1:人命の軽視
デメリット2:誤診による殺人

2月7日(第371回)土曜練習会

■論題:日本は死刑制度を廃止するべきである。是か非か

■参加者:21名

1月22日(第370回)例会報告

■論題:日本は積極的安楽死を法的に認めるべきである。是か非か

■参加者:16名

■ディベーター
【肯定側】立論:藤岡さん、第一反駁:山口さん、第二反駁:山下さん
【否定側】立論:山本さん、第一反駁:小林さん、第二反駁:内田さん

■勝敗:肯定側の勝利 (6.1:2)

■試合内容
【肯定側】
プラン
1.次の要件を満たす場合に積極的安楽死を実行できることとする。
 1-1.耐え難い肉体的及び精神的苦痛に苦しんでいる。
 1-2.死が避けられずその末期が迫っていること。
 1-3.その苦痛を除去・緩和するために方法を尽くし他に手段がない。
2.回復の見込みの判断には、2人以上の医者による判断を行う。(セカンドオピニオン含む)
3.患者の明確な意思表示を必要とし、処置をするまでの間、患者はいつでも意思を撤回できる。
4.処置は医師が実行し、薬物の投与等による倫理的な方法をとることとする。
5.その他必要な措置をとる。

メリット1:苦痛の除去
メリット2:医療費の削減

【否定側】
デメリット:命の軽視

1月10日(第369回)土曜練習会

■論題:日本の教育機関は学年の開始を9月にするべきである。是か非か

■参加者:21名

トップに戻る






2011年度 

9月21日(第291回)例会報告

■論題:「日本は首相公選制を導入するべきである。是か非か」

■ディベーター
肯定側:井本さん
否定側:三橋さん

■勝敗:肯定側の勝利

■試合内容

肯定側メリット:国民的利益に立った政治が行われる

否定側デメリット:
1 財政破綻
2 選挙公約が守られない

9月8日(第290回)例会報告

即興ディベート

「東京都は2020年のオリンピック候補地として立候補するべきである。是か非か」

トップに戻る

7月28日(第288回)例会報告

反駁に関するワークショップ

会員の作成した肯定側立論(電力供給の自由化)を元に反駁練習を行う。
その後、顧問によるコメントとディスカッションを行った。
参加者合計14名

トップに戻る

7月14日(第287回)例会報告

■論題:「日本は電気事業法を改正し電力供給を完全に自由化するべきである。是か非か」

■ディベーター
肯定側:峯崎さん
否定側:仲地さん

■勝敗:否定側の勝利 (6対7.1)

■試合内容

※プランは提出されず。論題そのままを支持。

肯定側
メリット1:電気料金が下がる
メリット2:消費者が電力会社を選べる

否定側
デメリット:死亡者がでる

トップに戻る

6月23日(第286回)例会報告

■論題:「日本はすべての原子力発電所を廃止すべきである。是か非か」

■ディベーター
【肯定側】仲地さん
【否定側】元祐さん

■勝敗:否定側の勝利 (0:11)

■試合内容
【肯定側】
メリット1:放射能汚染による放射線物質の内部被曝を抑える(事故で被曝)
メリット2:内部被曝による人体への影響(放射能が生態濃縮された食物の摂取)

【否定側】
デメリット:人命の損失
- 原発労働者の失業による自殺
- 経済停滞
- 火力発電への移行による死者の増加
- 風力発電による健康被害
- 停電による医療事故

トップに戻る

6月9日(第285回)例会報告

■論題:「日本はすべての原子力発電所を廃止すべきである。是か非か」

■ディベーター
【肯定側】三橋さん(立論、第二反駁)、宮良さん(第一反駁)
【否定側】加藤さん(立論)、斉藤さん(第一反駁、第二反駁)

■勝敗:肯定側の勝利 (4.1:4)

■試合内容

【肯定側】
プラン
1.日本国政府は、関連する法案を作成し、可能な限り速やかに、原子力発電所を廃止する
ことを電力会社に命ずる。すべての原子力発電所は、遅くとも2020年までに稼働を終了
するものとする。
2.原子力発電所廃止に伴う発電量の減少分は節電によりカバーする。
3.太陽エネルギー、風力発電、地熱発電等のエネルギー源を開発し、節電の量の削減を進
める。

メリット:1つの原発事故も起こさない

【否定側】
デメリット1:経済低迷
デメリット2:原発事業従事者の失業

トップに戻る

5月26日(第284回)例会報告

■論題:「日本はサマータイム制を導入するべきである。是か非か」

■ディベーター
【肯定側】田久保さん
【否定側】元祐さん

■勝敗:肯定側の勝利 (5.1:4)

■試合内容
【肯定側】
プラン
1.毎年3月最終日曜日から10月最終日曜日までの7ヶ月間、標準時よりも1時間進める。
2.切替えは午前2時に行う。

メリット1:自殺の抑止
メリット2:よりよい社会の実現

【否定側】
デメリット:睡眠不足

トップに戻る

5月12日(第283回)例会報告

■論題:「日本はサマータイム制を導入するべきである。是か非か」

■ディベーター
肯定側・西さん

否定側・三橋さん

■試合内容
肯定側
プラン
1. 2012年から実施。
2. 4月から9月の間、時刻を1時間早くする。

メリット・自殺者の増加を減らす

否定側
デメリット1・航空機のダイヤの混乱
デメリット2・睡眠リズム障害

■勝敗
0対4で否定側の勝利

トップに戻る

4月30日(第282回)例会報告

■論題:「日本はサマータイム制を導入するべきである。是か非か」

■ディベーター
【肯定側】立論、第二反駁:安達さん、第一反駁:三橋さん
【否定側】立論、第二反駁:田久保さん、第一反駁:宮良さん

■勝敗:肯定側の勝利 (8.1:2)

■試合内容

【肯定側】
 プラン
 1.毎年3月最終日曜日から10月最終日曜日までの期間、標準時よりも1時間進
める。
  切替えは午前2時に行う。
 2.2011年6月から広報・啓蒙活動を行い、2013年から実施する。

 メリット1:経済振興
 メリット2:交通事故の減少

【否定側】

 デメリット1:健康への悪影響
 デメリット2:労働者の搾取
 論題充当性の議論:新明解国語辞典では「夏季」とは「6月・7月・8月」のみであ
る。

トップに戻る

4月9日(第281回)例会報告

■論題:「日本はアフリカへのODAを大幅に増額するべきである。是か非か」

■ディベーター
【肯定側】立論、第二反駁:西さん、第一反駁:加藤(美)さん
【否定側】立論、第一反駁:山田さん、第二反駁:三橋さん

■勝敗:否定側の勝利 (3:5.1)

■試合内容

【肯定側】
プラン
1.石油資源のある国を対象の中心にし、ODAの援助額を2009年の5~10倍以上に増やす。
2.対象は、資源開発、教育、インフラ整備、感染症対策など。
3.電力需給動向を考慮して、原子力から安全なエネルギー発電へとシフトさせる。
4.震災の復興が落ち着いたら開始。
5.その他必要な措置をおこなう。


メリット:
(原子力からのエネルギー転換政策を行って、)現在よりも安全で安定したエネ
ルギー供給政策を行う。


【否定側】

デメリット1:紛争の助長

デメリット2:日本財政の圧迫

カウンタープラン
・日本政府はアフリカへのODA支払いを凍結し円借款による対象国にとっての債務を帳消しにする。

トップに戻る

3月10日(第279回)例会報告

■論題:「日本はアフリカへのODAを大幅に増額するべきである。是か非か」

■ディベーター
【肯定側】立論:藤村さん(代読:大浦さん)、第一反駁:石井さん、第二反駁:大浦さん
【否定側】立論:溝口さん、第一反駁:樋口さん、第二反駁:盛谷さん

■勝敗:肯定側の勝利 (15.1:3)

■試合内容

【肯定側】
プラン
1 サハラ以南のアフリカ各国(サブサハラ)へのODAを、
  2008年度の約13億9570万ドル(約1150億円)の倍に増額にする。
2 増額分は、保健、医療、石油資源開発に関連するインフラ整備のODAに限り使用する。
3 2011年7月より実施する。
4 その他必要な措置を講ずる。

メリット1:人命救助
メリット2:日本国内の餓死の予防

【否定側】
デメリット1:我々国民の資産の無駄遣い

カウンタープラン
アフリカへのODAを中止し、その額を日本国内の政策に使用する。

カウンタープランによるメリット
日本の自殺者、失業者の救出

トップに戻る

2月24日(第278回)例会報告

■論題 「日本はインフレターゲット政策を導入すべきである。是か非か」

■ディベーター
肯定側
立論・大浦さん、第1反駁・西さん、第2反駁・加藤(美)さん

否定側
立論・吉田さん、第1反駁・齋藤さん、第2反駁・小笠さん

■試合内容
肯定側
プラン
1、適切な目標値を設定し公表・実施を行う。
2、2011年4月から実施する。
3、その他、必要な措置を取る。
メリット・自殺の減少

否定側
デメリット1・所得格差の拡大
デメリット2・資産の目減り
デメリット3・ハイパーインフレ

■勝敗
8.1対4で否定側の勝利

■コメント
・両サイドともスピーチ担当でなくても助言をするなど、チームワークを発揮するべき。
・否定側の論題充当性の議論は立論で述べたほうがより良い。
・論題充当性を述べる場合は文言の定義づけをおこなうと良い。

トップに戻る

2月10日(第277回)例会報告

■論題  「日本はインフレターゲット政策を採用すべきである。是か非か」

■ディベーター
肯定側:山田さん(立論)、田久保さん(第一反駁)、盛谷さん(第二反駁)
否定側:服部さん(立論、第二反駁)、樋口さん(第一反駁)


■勝敗
肯定側の勝利(13.1:3)

■試合内容

【肯定側】

プラン
日本銀行は物価上昇率の目標値を設定してその達成を公約する金融政策をする。

メリット:デフレからの脱却

【否定側】

デメリット1:日銀独立性喪失による経済破綻
デメリット2:国民貯蓄の大幅減

トップに戻る

1月27日(第276回)例会報告

■論題 「日本はすべての原子力発電所を廃止すべきである。是か非か」

■ディベーター
肯定側:樋口さん(立論、第二反駁)、盛谷さん(第一反駁)
否定側:三橋さん(立論)、西さん(第一反駁)、加藤(美)さん(第二反駁)

■勝敗
肯定側の勝利(13.1:1)

■試合内容

【肯定側】

プラン
1 2011年4月から実施し、2040年4月までに原子力発電所を完全に廃止する。
2代替エネルギーの実用化・普及を国家のエネルギー政策として推し進める
3その他必要な措置を取る。

メリット1:原発事故の排除
メリット2:原発労働者の被害根絶

【否定側】

デメリット:生物、化学兵器への移行

トップに戻る

1月13日(第275回)例会報告

■論題:「日本はすべての原子力発電所を廃止すべきである。是か非か」

■ディベーター
【肯定側】立論、第二反駁:本武さん、第一反駁:大浦さん
【否定側】立論:渡邊さん、第一反駁:加藤(み)さん、第二反駁:三橋さん

■勝敗:否定側の勝利 (5:5.1)

■試合内容

【肯定側】
プラン
1 2011年4月から実施し2040年4月までに原子力を完全に廃止する。
2 現在計画されている原子炉の新設を停止し、地熱発電所の新設で代替する。
  残りの原子炉は、安定供給が可能で且つ原子力より発電コストが安い海面温度差発電や
  高温岩体発電の実用化によって代替する。
3 その他、必要な措置を取る。

メリット1:メルトダウンによる損害発生の防止
メリット2:戦争発生リスクの軽減

【否定側】
デメリット1:電力供給不足
デメリット2:原発産業従事者の失業

トップに戻る

2010年度 

11月25日(第273回)例会報告

■論題:「日本はTPP(環太平洋戦略的経済パートナーシップ協定)に参加するべきである。是か非か」


■参加人数 16人

■ディベーター 
肯定側:立論、第二反駁・井本さん 第一反駁・樋口さん 
否定側:立論、第二反駁・盛谷さん 第一反駁・三橋さん 

■勝敗:肯定側の勝利 (6.1:4)

■試合内容

【肯定側】
プラン
1.日本はTPP(環太平洋戦略的経済パートナーシップ協定)に参加する。
2.関税の段階的撤廃、適用品目の増加。
3.農業の競争力強化施策を行う。
4.その他必要な処置を施す。

メリット1:工業製品売上増大
メリット2:農業ビジネスの充実


【否定側】
デメリット1:食料自給率の低下
デメリット2:日本の財政の悪化

トップに戻る

11月11日例会(第272回)報告

■論題:「日本はTPP(環太平洋戦略的経済パートナーシップ協定)に参加するべきである。是か非か」

■ディベーター
【肯定側】立論:福永さん作成、吉田さん代読。第一反駁、第二反駁:吉田さん
【否定側】立論:大浦さん作成、石井さん代読。第一反駁、第二反駁:大浦さん

■勝敗:否定側の勝利 (3:5.1)

■試合内容

【肯定側】
プラン
1 関税の例外なき撤廃
2 非関税障壁の撤廃
3 農林水産業に対しての戸別補償
4 農業の競争力強化施策、その他必要な措置をとる
5 日本は上記施策を2015年迄に実施する。

メリット:日本経済の活性化

【否定側】
デメリット:自殺者の増加

トップに戻る

10月28日例会(第271回)報告

■論題:「日本国政府は着床前診断を合法化すべきである。是か非か」

■ディベーター
【肯定側】立論・樋口さん 第一反駁・三橋さん 第二反駁・樋口さん
【否定側】立論・元祐さん(田久保さん作の立論を、元祐さんが編集&読み)
     第一反駁・田久保さん 第二反駁・元祐さん

■勝敗:肯定側の勝利 (4.1:2)

■試合内容

【肯定側】
プラン
1 重篤な遺伝病を避ける目的で着床前診断を合法とする。
  「重篤な遺伝病」とは、成人までに発病し生命にかかわるような遺伝病であり、筋ジス、反復流産(2回の流産)等を指す。
2 着床前診断は、厚生労働省が認定した医療機関(「認定医療機関」)においてのみ実施される。
3 2012年4月より施行する。
4 その他必要な措置を講ずる。

メリット1:法制化による濫用防止
メリット2:国民の議論の活発化及びこれに伴う命に関する倫理観の醸成

【否定側】
デメリット1:障害者差別の助長
カウンタープラン:
1.出生前診断および着床前診断を法律で全面的に禁止する
2.出生前診断または着床前診断を行った医師の医師免許を剥奪する
 (第一反駁にてプランク2を追加)

トップに戻る

10月14日例会(第270回)報告

■論題:「日本国政府は着床前診断を合法化すべきである。是か非か」

■参加人数 13人

■ディベーター 
肯定側:立論・石井 第一反駁・安達さん 第二反駁・盛谷さん
否定側:立論・田久保さん 第一反駁・元祐さん 第二反駁・大浦さん

■勝敗:肯定側の勝利 (6.1:0)

■試合内容

【肯定側】
プラン
1・染色体の相互転座を保因する夫婦に対する、流産防止の目的での着床前診断を合法とする。
2.着床前診断は、厚生労働省が認定した医療機関(以下「認定医療機関」という)においてのみ実施される。
3.着床前診断を行う医師は、患者夫婦に対し、予想される成績および安全性等につき文書および口頭にて説明の上、文書による同意を得て、これを保管する。
4.認定医療機関は、着床前診断の実施状況とその結果を半年毎に厚生労働省に報告する。
5・2012年4月より施行する。
6・その他必要な措置を講ずる。

メリット1:流産患者の救済
メリット2:濫用の防止

【否定側】
エキストラトピカリティー
デメリット1:母体のリスク
デメリット2:障害者差別の助長
カウンタープラン:着床前診断の全面禁止

トップに戻る

9月9日例会報告

論題:「日本は死刑制度を廃止するべきである。是か非か」

ディベーター
肯定側・大浦さん(立論・第二反駁)盛谷さん(第一反駁)
否定側・藤村さん(立論作成)三橋さん(立論代読・第二反駁)安達さん(第一
反駁)

判定:2対10.1否定側の勝利

試合内容
【肯定側】
プラン:
1 日本は死刑制度を廃止するとともに終身刑(仮釈放による社会復帰の可能性
を認めず、受刑者が死亡するまで実際に刑事施設に拘禁し続けるものをいう)を
導入する。
2 2012年から導入する。
3 その他必要な措置を取る。

メリット1誤判による誤殺の防止
メリット2死刑願望による犯罪の誘発防止

【否定側】
デメリット犯罪抑止力の低下

トップに戻る

7月22日例会報告

論題:日本は刑事事件における実名報道を禁止すべきである。是か非か
※但し公人は除く。

ディベーター
 肯定:吉田さん(立論、1反)、村田さん(2反)
 否定:元祐さん(立論、2反)、小笠さん(1反)

勝敗:否定側の勝ち (4:8.1)

試合内容
【肯定側】
プラン
 1.マスコミ(テレビ・新聞・雑誌など)による容疑者・被告人の実名報道を禁止する。
   ただし判決が下された後には被告人の実名報道を可とする。
 2.マスコミ(テレビ・新聞・雑誌など)による被害者の実名報道を禁止する。
 3.2011年4月から施行する。

メリット
 1.容疑者、被疑者に対する名誉棄損の被害を軽減する
 2.被害者に対する名誉棄損の被害を軽減する

【否定側】
デメリット
 1.冤罪の増加
 2.犯罪の増加

トップに戻る

7月8日例会報告

論題:日本は刑事事件における実名報道を禁止すべきである。是か非か
※但し公人は除く。

肯定側:盛谷さん(立論)、加藤さん(一反)、三橋さん(二反)
否定側:小笠さん(立論)、福田さん(一反)、田久保さん(二反)

肯定側プラン
1.報道機関が刑事事件による被疑者、被告人及び加害者の実名及び実名を特定する情報を報道するのを禁止する。
2.2011年4月から施行する。

メリット
1.冤罪被害の抑止
2.被疑者家族、被告人家族、加害者家族への被害の軽減

デメリット
1.公権力の暴走
2.犯罪抑止力の低下

カウンタープラン
1.法律は作らず、報道界で統一した倫理規定に基づく自主規制を強め、原則は匿名。
  以下の5つの場合は実名を報道する。
  a.重大事件
  b.公務員の立場を利用して行った犯罪
  c.著名人
  d.組織犯罪
  e.本人が希望した場合
 但し例外が2点あり、
  (1) 対象者に責任能力なしと推定される場合
  (2) 対象者に不利益となる場合
  は、匿名とする。
2.実名報道時には次の2点に注意する。
 a. 報道の時期は逮捕時ではなく、提訴あるいは裁判の判決が出たときにする
 b. 情報の出所を明示する
3.報道被害を受けた人に対する救済を行う評議会を作る


判定:10.1対2で肯定側の勝利

コメント
全体:
・スピーチのときは、時々でいいからジャッジを見ること。
 (ジャッジの反応が分かるし、説得力が増す。)

肯定側:
・第2反駁での、新聞等のメディアとインターネットの影響の違いの比較は良かった。
・プランでは被害者の実名報道を禁止していないが、被害者が実名報道されると報道被害は起こるし、情報により加害者の特定も容易になるため、メリットの問題解決性が薄くなる可能性あり。

否定側:
・デメリット1も2も方向性は証明できているが発生度合いが不明
・カウンタープランについて
 -自主規制の問題解決性が薄いかも。(「重要」の判断基準が曖昧等)
 -プランク3は肯定側プランと競合性がない。プランク2もその可能性あり。
 -論題を肯定していると取られる可能性あり(原則匿名なので)

トップに戻る

6月26日例会報告

論題:日本は選択式夫婦別姓を法的に認めるべきである。

肯定側:石井さん、盛谷さん(デビュー戦でした)
否定側:元祐さん、田久保さん

肯定側プラン:
プラン
1 民法を改正し、夫婦は婚姻の際に夫または妻の姓を称するか、婚姻前の姓を引き続き称するかを決定するものとする。
2 生まれた子供は出生時に配偶者いずれかの姓を名乗る。
3 その子供が満15歳に達した時、本人の意思に基づきもう片方の姓へ変更を認める。
4 2011年4月1日より実施する。
5 その他必要な措置を講ずる。

メリット1.人格権の尊重
 現状分析:姓の変更が強制されている、人格権の侵害
 重大性:幸福追求権…公共の福祉に反しない限り、最大の尊重を必要とする
 解決性:プランにより解決する

メリット2.社会的不利益、精神的苦痛の軽減
 現状分析:   1 研究業績の一貫性が失われる
            2 お家の断絶
            3 子供が姓の変更を嫌がっており再婚できない
 重大性:社会的信用失う、人脈の喪失
 解決性:(時間切れ)

デメリット1.子供への悪影響
 発生過程: 1 家族の一体感の低下、親子間の信頼関係が失われる
          2 家族内の争い
          3 離婚の増加
 重要性:家庭の安定は子供の成長に不可欠

デメリット2.家族の崩壊の広がり
 発生過程:1 文化の枠組みが崩れる
        2 別姓にせざるを得ないケースあり
 重要性:子供の非行に走る(時間切れ)


判定:8.1対7で肯定側の勝利

コメント
・読み切れなかった解決性…内容に応じて考慮可
・幸福追求権、やりたいことを自由にする権利は生まれつきのもの。制限されるべき理由を否定側に求めてもよかったのでは。
・デメリット、別姓にすると、と言っていない。家族が不安定になると、と言ってるので、ターンアラウンドしてもよかった。

トップに戻る

6月10日例会報告

論題:日本は選択式夫婦別姓を法的に認めるべきである。

肯定側:加藤(立論)、酒井(第1反駁)、斉藤(第2反駁)
否定側:吉田(立論)、福田(第1反駁)、三橋(第2反駁)

肯定側プラン:
1.夫婦は婚姻の際、夫又は妻の氏を称するか、婚姻前の姓を引続き称するかを決定するものとする。
2.生まれた子供の姓は母親と同一のものとする。
3.その子供が満20才に達した以降は、本人の意思に基づき一度のみ、母の姓から父の姓へ、または父の姓から母の姓へという変更を認める。ただし、両親が離婚した際の姓の変更はこれに含めない。
4.このプランは2011年4月1日から実施する。
5.その他必要な措置をとる。

メリット:人格権の尊重

デメリット:
1.精神的負担
2.国家財政の破綻
3.男性差別

判定:2.1対13で否定側の勝利

コメント:
肯定側:
・現状分析の問題点と深刻性がずれている。現状分析に適切な証拠資料を。
・創氏改名の例は、今回の論題の例としては不適切(不十分)なのでは。
・デメリットの反論にターンアラウンドを。

否定側:
・それぞれのデメリットの発生過程に証拠資料を。論理的なつながりは理解できるが、証明としては非常に弱い。
・否定側第1反駁の反論の構成をもっとしっかりと。現状分析(内因性)、深刻性、問題解決性という3つのポイント(争点)の反論順は、時間制限があるので、反論として重要だと思う順番で構わないが、その3つの争点単位毎にまとめて議論すること。つまり発生過程→現状分析→発生過程→深刻性→現状分析、等、個別の議論が各争点を行ったり来たりするのは避けること。

トップに戻る

月27日例会報告

論題:「日本は移民政策を大幅に緩和すべきである。是か非か」
肯定側:田久保、斉藤、福田
否定側:酒井、加藤、三橋

[肯定側]
プラン
1.入管関係法を改正し、原則全ての職種で海外からの移民労働者を受け入れます。
2.移民に関する手続きを一括して担当する省を新設し、国務大臣を定める
3.2012年4月より施行する
4.その他必要な措置を講ずる

メリット1:デフレ解消
メリット2:労働力の確保

[否定側]
デメリット:命を守る
・外国人犯罪の増加
・集団化し、住民との軋轢、暴動まで発展する。

判定:11.1対2 否定側の勝ち
[肯定側の一千万外国人労働者の流入の証明が不十分で、メリットは十分に起こらない。一方、否定側のデメリットは在る程度起こる蓋然性がある]

トップに戻る

      2008年度 

8月28日例会報告

今月は予告通りワークショップを行いました。

当日は、20名近くの会員及び見学の方々が参加し、メリットへの反駁と反対尋問に関して研修を行いました。具体的には、実際の決勝戦の模様を読みながら、理論に関するレジュメを用いて、反駁と反対尋問の上手なやり方について考えていきました。

以前から行っている、実際の試合から学ぶということで、参加者にも講評で、大変に実践的な講座となりました。

トップに戻る

7月24日例会報告

■論題:「日本は刑事裁判に司法取引制度を導入すべきである。是か非か」
■ディベーター
 肯定:得能さん(立論・2反)・高久さん(1反)
 否定:冨田さん(立論)・佐々木さん(1反)・植山さん(2反)
■勝敗:2.1:9 否定側の勝利

■試合内容
【肯定側】
メリット
1:企業犯罪の抑止
2:事件事実の判明により被害者にとって真の解決をはかれる

【否定側】
デメリット
1:冤罪の増加
2:犯罪の増加

トップに戻る

4月10日例会報告

■論題:「日本はカジノを合法化すべきである。是か非か」
■ディベーター
 肯定:中村さん(立論)、丸尾さん(1反、2反)
 否定:岩堀さん(立論、2反)、三橋さん(1反)

■勝敗:否定側の勝ち (6:6.1)

■試合内容
【肯定側】
プラン
1.日本はカジノ法を制定し、カジノの合法化する。
  パチンコはカジノと同等のギャンブルとみなす。
2.大型カジノ施設を、地方自治体と国が選定した、
  複数の特定地域に限定して設置する。
3.カジノ法は以下の項目を設け、以下の対策を実施する。
 (1) 暴力団など、社会的に不適切な団体、組織との
   繋がりを防止するための管理、監視
 (2) 未成年の厳格な入場規制、カジノ側への監視義務、
   罰則などの厳格な管理、監視
 (3) ギャンブル依存症への対策実施、またそのための
   費用をカジノ収入から一定額徴収

メリット
 1.日本の国際観光市場の拡大
 2.違法ギャンブルによる弊害の改善

【否定側】
デメリット
 1.ギャンブル依存の増加
 2.犯罪の増加

■コメント
・第二反駁では、相手が第一反駁で反論できず落とした議論について引っ張りましょう。
・質疑では、自分達の議論を強めるための質疑をすることも有効でしょう。
 今回では、否定側から肯定側に、「肯定側のプランを取ることによって
 ギャンブルを新たに始める人は増えるのか」と聞くとよかった。
 肯定側は恐らく「増える」と答えるだろう。それを前提にすると
 デメリットの主張がしやすくなる。
・プランの2点目は、誰がそれをやるのか分からないので、プランとしては不備がある。

トップに戻る

3月27日例会報告

■論題:「日本は労働者派遣を禁止すべきである。是か非か。」
■ディベーター
 肯定:木下さん(立論)、石井さん(1反)、栗林さん(2反)
 否定:三橋さん(立論、2反)、白石さん(1反)、(立論作成:宮武さん)

■勝敗:否定側の勝ち (0:9)

■試合内容
【肯定側】
プラン
 1.労働者派遣を禁止する。
 2.ハローワーク等の職員を増やし、インフラを整備する。
 3.その他必要な措置を講ずる。

メリット
 1.労働環境の改善
 2.日本経済の活性化

【否定側】
デメリット
 1.企業の業績悪化
 2.失業者の増加
 3.希望する職業につけなくなる

トップに戻る

2007年度

11月22日例会報告

■論題:日本は救急車の利用を有料化すべきである。是か非か

■ディベーター 肯定:大浦さん(立論、2反)、仲地さん(1反)
            否定:木村さん(立論、2反)、窪田さん(1反)

■勝敗:否定側の勝ち (0:5)

■試合内容

【肯定側】
プラン
 1.救急車1回の利用につき3,000円とする。
 2.支払いは、病院の窓口で行う。また分割払いも可能とする。
 3.収益については、消防庁の財源とし救急医療のために使う。
 4.2008年4月より実施する。
 5.その他必要な処置をとる。

メリット
 1.緊急性のない患者の抑制
 2.適正利用の推進

【否定側】
デメリット
 1.患者の手当ての遅れ
 2.公平性の損失

カウンタープラン(CP)
 横浜市においてH18年までに信頼性が検証されている、119番受信時に
 おける緊急度、重傷度識別(別名:コールトリアージ)を導入する

 1.受信時に通報を受けた救急認定医がシステム入力の結果に基づいて行う
   緊急度・重症度の判定に応じて、適切な救急車数、救急隊員数での
   救急業務を実施する、あるいは救急車以外のサービス(相談、民間)を案内する
 2.実施に際して、救急認定医に対する教育施策と一般市民に対する啓蒙活動、
   システムの導入を行う。

CPの非命題性
 有料化に対して、無料を存続した上での案であるため、非命題性を満たす。

肯定側プランとCPの競合性
 有料施策と無料施策は同時には実行できないため、競合性を満たす。

CPのメリット
 1.システム導入による救命率向上
 2.啓蒙活動による救命率向上

トップに戻る

11月8日例会報告

■論題:日本は救急車の利用を有料化すべきである。是か非か

■ディベーター 肯定:木村さん(立論)、三橋さん(1反)、小池さん(2反)
            否定:福田さん(立論)、仲地さん(1反)、石井さん(2反)

■勝敗:肯定側の勝ち (5:4.1)

■試合内容

【肯定側】
プラン
 1.2008年4月1日から救急車を有料化する。
 2.救急車は一回の利用につき3万円とする。
 3.その他,必要な措置を講じる。

メリット
 1.重症の傷病者の救命率向上
 2.救急作業の質の向上

【否定側】
デメリット
 救急活動の公共性が失われる

カウンタープラン(CP)
 不正利用者に罰則を適応する
 1.各地方自治体で条例を制定する。
 2.不正利用者に対し、消防法44条、30万円の罰金又は拘留に処する。
 3.条例について啓蒙活動をする。
 4.その他必要な措置をとる。

CPの非命題性
 救急車の無料利用を存続したまま不正利用者への罰則を科すので、
 論題を否定する。

肯定側プランとCPの競合性
 肯定側プランは通報者への一律課金制度なので、同時に行うことは意味がない。

CPのメリット
 不正利用が減る

トップに戻る

10月25日例会報告

■論題:「日本の公立学校は週6日制に戻るべきである。是か非か」

■参加人数 20人(含ディベーター6人、見学者4人、顧問1人)

■ディベーター 
            肯定側  立論・岩堀さん 第一反駁・片山さん 第二反駁・藤村さん
      否定側  立論・伊藤さん 第一反駁・藤田さん 第二反駁・三橋さん

■勝敗:否定側の勝ち (1:13.1)

■試合内容

【肯定側】
プラン
 1、学校教育法施行規則において、学校の休業日が「日曜日及び土曜日」と定められている項目を「日曜日」と改正する。
  2、土曜日は総合学習の時間とし、学習内容については各学校で教員PTA、地域の代表者等により構成する委員会を設置し決定する
  3、2008年4月1日より施行する

メリット1:ニートの減少によって日本経済が発展する

【否定側】
デメリット1:非行の増加
デメリット2:教員のメンタルヘルスの悪化

トップに戻る

10月11日例会報告

■論題:「日本の公立学校は週6日制に戻るべきである。是か非か」

■ディベーター 肯定:仲地さん(立論、2反)、藤田さん(1反)
            否定:片山さん(立論、2反)、三橋さん(1反)

■勝敗:否定側の勝ち (0:8)

■試合内容

【肯定側】
プラン
 1.公立学校の授業に土曜日を加え、週6日制にするように法律を改正する。
 2.その他、必要な処置を講ずる。

メリット1:英会話能力の向上
メリット2:文章理解力の向上
メリット3:人格形成

【否定側】
デメリット1:問題発見、解決力の低下
デメリット2:教員の労働環境の悪化

9月27日例会報告

■論題:「日本は死刑を廃止すべきである。是か非か」

■参加人数 14人(含ディベーター4人、見学者2人)

■ディベーター 肯定:中川さん(立論・第2反駁)、藤村さん(第1反駁)
            否定:仲地さん(立論・第2反駁)、石井さん(第1反駁)

■勝敗:肯定側の勝ち (7:3.1)

■試合内容

【肯定側】

プラン
  1.死刑制度を廃止する
  2.2008年4月1日から施行する。
 
メリット1:日本の法制度の維持・・・違憲の是正
メリット2:冤罪による誤殺の防止

【否定側】

デメリット1:社会秩序の崩壊・・・社会不安の増大
デメリット2:犯行コストの低下・・・犯罪の増加

トップに戻る

 

9月13日例会報告

■論題:「日本は死刑を廃止すべきである。是か非か」

■参加人数 19人(含ディベーター6人、見学者4人)

■ディベーター 肯定:大浦さん(立論)、植山さん(1反)、窪田さん(2反)
            否定:岩堀さん(立論)、橋本さん(1反)、長岡さん(2反)

■勝敗:肯定側の勝ち (9.1 : 3)

■試合内容

【肯定側】

プラン
 1.刑法を改正し、死刑を廃止する。死刑に値する刑は、終身刑とする。
 2.終身刑に対する囚人の教育を強化する。
 3.2008年4月1日から施行する。
 4.その他、必要な処置を取る。

メリット1:EUとの外交の強化
メリット2:誤審からの救済
メリット3:人権の回復

【否定側】

デメリット1:犯罪の抑止効果の低下
デメリット2:死に値する罪を償えない

トップに戻る

 

8月9日例会(ワークショップ)

今回のワークショップには、会員18名の参加がありました。死刑廃止論題の下で実際に作成され、使用された立論を使用し、その分析、改善点などを講義し、話し合いを行いました。以下、例会に参加した会員のNさんのレポートです。

  瀬能先生、そして昨日のワークショップに参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。このワークショップにより、参加者の方々は通常の例会とは違った角度から立論を分析できたのではないでしょうか。また相手の立論に対する自分の着眼点又は分析が、瀬能先生のそれとどのように違うのかが明確化されたことと思います。

私が昨日のワークショップで学習(又は再度確認)した内容は以下に挙げる4点です。

①肯定側立論の構成
 a)内因性(今現在、問題が生じており、対策を講じなければそのまま問題が生じ続ける)
  b)深刻性
  プラン
 c)問題解決性

②項目分け
 相手の立論を聞く際は、①で挙げたaからcのどの項目について述べているのか頭の中で、項目分けしながら聞き取る。

③「偏り」を反撃材料へ
 相手の用いている証拠資料の出所や内容が偏っている場合は逆にそれを反撃材料へと利用する。

④タイトルは短く
 タイトルを短くする理由は大きく分けて三つです。まず第一に、聞き取りやすいからです。そして第二に書き取りやすい点が挙げられます。それから第三にタイトルの後に主張する内容が聞き取りやすくなるからです。

以上が昨日、学習した内容です。

 

7月12日例会報告

■論題:「日本はふるさと納税制度を導入すべきである。是か非か」

■ディベータ

肯定側:谷さん、福田さん、橋本さん
否定側:小池さん、三橋さん、岩堀さん

■肯定立論
○プラン
1.ふるさと納税の使い方については、納税者に選択権が与えられる。
2.納税先は今まで居住していたことがある自治体とする。どこにするかは毎年納税者が決められる。
3.ふるさと納税額は住民税の10パーセントとする。
4.日本に故郷がない住民は、現在住んでいる自治体に納税する。

○メリット1
 納税者の意志が反映される。

○メリット2
 公共サービスの向上

■否定立論
○デメリット1
 費用の増大

○デメリット2
 税の不公平感の拡大

■判定
5:4で肯定側の勝ち

 

6月28日例会報告

■論題:「日本は国会議員の半数を女性とする政策をとるべきである。是か非か」

■ディベーター 

    肯定:福田さん(立論)、井本さん(1反)、藤村さん(2反)
   否定:石井さん(立論)、谷さん(1反)、白井さん(2反)

■勝敗:肯定側の勝ち (4 : 3)

 

        トップに戻る


Copyright: The Debate Club since 1998